家族みんなで持つなら…おすすめの格安SIMを徹底比較!

公開日

キャリア契約でさらに家族分…、スマホとタブレット複数台持ち…、そんな状況の月額料金を考えると、それだけでガクブル状態です。

それが格安SIMだったら安くなるのは当たり前!
中でも複数台持ちにおすすめなMVNOがあるのです。

1つの契約で複数のSIMを利用するメリット

MVNOによっては、1つの契約でSIMカードを複数枚利用できるプランが存在します。7GBや10GBなど、必要に応じて多いデータ容量を契約し、複数の端末でシェアします。
例えば、DMM mobileで音声あり、月5GBのSIMを3契約する場合と、音声あり、月15GBを1契約して3枚のSIMカードでシェアする場合とではどちらがお得になるのか比較してみましょう。

初月にかかる費用比較
  通話SIMプラン 5GB×3契約 通話SIM3枚プラン 15GB
初期費用 9,000(税抜)
3,000円×3契約
3,000(税抜)
3,000円×1契約
プラン料金 5,730(税抜)
1,910円×3契約
5,700(税抜)
合計 14,730(税抜) 8,700(税抜)

このように、初月の費用は、同じ15GBでも複数契約するより、1つの契約でシェアをしたほうが6,030円も安くなることがわかります。
何枚のSIMカードが持てるかは、MVNOによって異なりますので、必要な枚数に合わせてMVNOを選びましょう。

データシェアができるMVNOを徹底比較!

mineoにはデータを分け合えるサービスが満載!!

mineoのサービス「パケットシェア」とは?

mineoのサービス「パケットシェア」とは、当月中に使いきれなかった基本データ容量やパケットチャージ容量等は翌月に繰り越され、その繰り越されたパケットを、リーダー(代表者)回線含む最大5回線までシェアすることができる無料オプションサービスです。注意する点は、繰り越された容量が対象というところです。繰り越された容量がなければシェアできません。

友達とパケットを分け合える「パケットギフト」

「パケットギフト」は、余ったパケット(データ容量)を誰とでも分け合えるサービスです。マイページから利用の申し込みをしておけば、友達と余ったパケットを分け合えるので、無駄なくパケットを使うことができます。

mineoユーザーみんなでパケットを分け合える「フリータンク」

余ったパケットを「フリータンク」に入れて、みんなで使えるサービスです。この機能があれば容量を使いすぎてしまっても安心ですね!

みんなでデータをシェアすれば、お得なだけじゃなく、楽しさも増えますね♪シムームも家族でデータシェアして節約しています。