自分に合ったプランの見つけ方

公開日

さまざまなMVNOがあり、その中でもたくさんのプランが用意されていて、特に初めて格安SIMにしようとしている人は自分に合ったプランなんて、正直わからないですよね。それが原因でなかなか格安SIMに変更できない人も多いはず…。

このページを読むことで、格安SIM探しのヒントになれば嬉しいです!

「どんな使い方をするか」を考える

格安SIMを選ぶにあたり、「どのMVNOにするか」と「必要なデータ容量」が大きなポイントになってきます。こだわりがある場合は別ですが、どのMVNOにするかまったく見当がつかない人は、先に必要なデータ容量を知るのも一つの方法です。スマートフォンをどのようなことに使うか想像してみてください。

  • ニュースサイトを閲覧したり、ネットショッピングをしたり、とにかくいろいろなサイトを訪問する。
  • 友だちや家族、仕事など、とにかくいろいろな人とLINEやメールで連絡をとる。
  • TwitterやFacebook、Instagramなどに写真(動画)を投稿する、他の人の投稿を見る。
  • YouTubeやHuluなどの動画サイトをスマートフォンで閲覧する。
  • 購入した小説やマンガの電子書籍をスマートフォンやタブレットで読む。
  • ゲームアプリをスマートフォンにダウンロードして遊ぶ。

これらは一部の機能にすぎませんが、スマートフォンがあればさまざまなことができます。この中で通信量に大きく関わるのが「動画」です。見ることはもちろん、アップロード時もデータ通信が行われます。動画はパラパラ漫画と同じ原理で、静止している画を連続して切り替えることで動いているように見えるのです。その枚数は1秒で30枚や60枚といわれています。この数を見る、もしくはアップロードすると大きな容量になることは想像ができるかと思います。

1GBの範囲でできることはどんなこと?

データ容量が1GBあるとどのようなことができるのでしょうか。

  • WEBページ閲覧Yahoo!トップページ(モバイル版)約3,910回
  • テキストメール300字程度約21万通
  • LINE音声通話約57時間
  • YouTubeで5分の動画を閲覧約90回
  • SNSへの画像(2048px×1569px)アップロード約683枚
  • 50MBのアプリのダウンロード約20回
  • Google Map東京都を拡大して周辺表示約1,748回
  • 1曲5分の楽曲のダウンロード約142曲

※動画や画像によってデータサイズは変わりますので、あくまで参考数値になります。

このように、1GBあるだけでもいろいろなことができ、動画をたくさん見たり、アプリを頻繁にダウンロードしなければ1GBでも十分のように思えます。
しかし、一点注意したいところは、自分の知らないところでデータ通信が発生していたり、アプリのアップデートが行われると思わぬところで大きい容量を使用してしまうことがあります。また、1GBと2GB、もしくは3GBの月額料金が数百円程度しか変わらないことが多く、少し大きいデータ容量のプランを選んだほうが良いのではないでしょうか。

自分に必要なデータ量に合わせてプランを選べば、料金を抑えることができますね。
次のページでは、使用する端末についてのお話しです。