格安SIMにするとどれだけお得になるの?

公開日

やはり一番気になるのが毎月かかる料金です。LINEのID検索ができない、キャリアメールが使えないといった不利があるのだから、それに代わるくらいの何かがないと納得できませんよね!

もちろんビックリしちゃうくらい、とってもお得なんですよね…?

格安SIMにすると誰でもお得になるの?

キャリアと比べ、格安SIMの月額料金はだいぶ安く設定されています。それを考えると、ほとんどの人がお得になるといえるでしょう。
しかし注意が必要な人もいます。それは090や080の電話番号から頻繁に電話をかける人です。

※050の番号から発信した通話やLINEの無料通話は、インターネット回線を使用した通話になるため、ここでいう音声通話には含みません。

MVNOの音声通話の料金はいくら?

MVNOによっては、通話料金が20円/30秒で設定されていることが多く、何回も電話をかけたり、長時間会話をする人は逆に高くなってしまうかもしれません。無料通話や、かけ放題プランを用意しているMVNOもありますが、契約しているデータが大容量だとキャリア契約と比べて、料金がさほど変わらないこともあります。
以下に通話料金を安く設定しているMVNOをまとめてみました。

音声通話が安くなるMVNO

※MVNOによって、通話料を安くするために専用のアプリをダウンロードしたり、事前に申し込みが必要になることがあります。

料金が安いIP電話とは?

050から始まる電話番号、いわゆるIP電話の通話は、インターネット回線を利用した通話になります。固定電話や090などの番号にも電話をかけることができ、電話回線の通話よりも料金がだいぶ安くなります。LTE・3G回線では音質が下がったり、やや遅延して音声が届くことがあるようですが、それを問題ないと考えるならばIP電話の通話をおすすめします。

IP電話が使えるMVNO

格安SIMを2年使った場合の料金はどのくらい?

格安SIMを2年使った場合と、キャリアSIMを2年使った場合の料金にはどのくらい差があるのでしょうか。データ通信量5GBで比較をしてみましょう。

    

スマートフォンにかかる料金例

docomoまたはSoftBankの場合

基本使用料2,700円プラスデータ定額料5,000円プラスインターネット接続使用料300円イコール8,000円

auの場合

基本使用料1,700円プラスデータ定額料5,000円プラスインターネット接続使用料300円イコール7,000円

格安SIM運用のスマートフォンの場合

OCNモバイルONE 音声対応SIMカード1,800円

ガラケー+格安SIM運用のスマートフォンの場合

ガラケー基本使用料1,864円プラスDMMmobile データSIMプラン1,210円プラスSMS150円イコール3,224円

スマートフォンにかかる料金例一覧
docomoまたはSoftBank au OCN モバイル ONE ガラケーDMM mobile
1ヶ月の料金 8,000 7,000 1,800 3,224
2年間合計 192,000 168,000 43,200 77,376

※これらの料金に割引き料や端末代は含んでおりません。

この表からわかる通り、OCN モバイル ONEにした場合、docomo、SoftBankでは2年で148,800円、auでは124,800円も安くなります。

ガラケーを持ちながらDMM mobileの格安SIMを同時に持った場合でも、docomo、SoftBankでは2年で114,624円、auでは90,624円もお得になるんです。

さらに、Wi-Fiも使って上手にやりくり自宅や公共のWi-Fiを使えばデータ量は減りません。外にいるときでも動画を観たり、常にインターネットに通信している状態でなければ、月2~3GB程度でも足りるのではないでしょうか。

格安SIMにするだけで、こんなに金額が安くなるんですね~。
2年で10万円も安くなったら、そのお金で旅行に行けちゃいますね!!