格安SIMでLINEを利用するために知っておきたいこと

公開日

みなさんはLINEを利用していますか?シムームも頻繁にLINEを使って友だちにメッセージを送っています。
現在、スマホを持っている人の多くがLINEを使っていて、気軽にメッセージやスタンプのやり取りができるから、とても便利ですよね。でも、格安SIMにすると一部使えない機能があるようなので、注意してください。

格安SIMではLINEの年齢確認ができない

格安SIMでもLINEを利用することができます。その場合、SMS付きのプラン(MVNOによってはオプション)を選ぶ必要があります。しかし、格安SIMでは、LINEの初期設定や引継ぎのアカウント認証時に行う「年齢確認」ができません。
年齢確認は、契約中のキャリア(docomo、au、SoftBank)SIMが必要です。年齢確認ができないと、「ID検索」を利用することができません。これは、ID検索が18歳以上のユーザーが利用できる機能であり、年齢確認が行われていないアカウントは18歳以上であると証明できないからです。

年齢確認しないと以下のことができません

  • 誰かが自分のLINE IDを検索する
  • 自分が誰かのLINE IDを検索する
  • 相手が自分のLINE IDで友だち追加する
  • 自分が相手のLINE IDで友だち追加する

とても便利なID検索が利用できないと不便を感じるかもしれませんが、ID検索以外の方法でも遠くにいる人を友だち追加することができます。

ID検索以外で友だち登録をする方法

QRコードを発行する方法

  1. 「友だち追加」から「QRコード」を選びます。友達からQR画像
  2. 「自分のQRコードを表示」をタップします。QRコード画像
  3. スクリーンショットを撮ってQRコードを保存し、メールなどで相手に送ります。スクリーンショット画像

URLを発行する方法

  1. 「友だち追加」から「招待」を選びます。招待画像
  2. 「SMS」か「E-mail」のどちらかを選択します。SMS・E-mail画像
  3. 招待したい相手にメッセージを送ります。SMS画像E-mail画像

    ※この方法は、電話帳に連絡先が入っていることが前提ですが、メールアドレスが登録されていれば「E-mail」を選択したときにQRコードも一緒に添付されます。「SMS」を選択した場合、画像は送信できませんので、メッセージ+URLのみ送信されます。

キャリア契約時に使っていた端末を使用する場合

今までキャリア契約していたスマートフォンからSIMカードを抜いて、格安SIMに差し替えた場合、LINEはそのまま利用できます。
ただし、LINEアプリをアンインストールしてから、再インストールしたときは年齢確認が必要です。

格安SIM用に用意した端末を使用する場合

LINEアプリをインストールすることになりますので、年齢確認が必要です。キャリアSIMがなければ年齢確認を行うことができません。キャリアSIMを入れたガラケーと、格安SIM運用のスマートフォンを持っている場合は、年齢確認をクリアするためにガラケーに入っているキャリアSIMを、一時的にスマートフォンに持ってくるという方法があります。その際、ガラケーとスマートフォンのSIMカードのサイズが同じであることが条件になります。

LINEについては以上となります。使えない機能があるといっても、メッセージのやり取りは通常通りできるので、格安SIM、格安スマホにしても大丈夫ですよ。