もしもシークスの詳細ページ

更新日/公開日

2013年10月に設立されたエックスモバイル株式会社が運営する「もしもシークス」は、独自のルートで調達したというiPhoneを販売しており、そのことでネットユーザーを驚かせたことも。また、毎月の通信料金の1%を途上国に寄付する活動を行っています。

もしもシークスは業界一の店舗数を誇る格安SIMサービスです。

もしもシークスの基本データ

レーダーチャート

SIMの種類
  • 標準SIM
  • microSIM
  • nanoSIM
通信回線
  • docomo
  • au
  • Y!mobile
月額基本料金
380~3,980円(税抜)
データ量
0.5GB/月~10.5GB/月
初心者おすすめ度
★★★★☆
節約満足度
★★★☆☆

もしもシークス料金表

もしもシークスの料金表を一覧にしました。もしもシークスの料金プランは大きくわけて、音声プランとデータプランの2種類となっています。

音声プラン データプラン
通話料 かけ放題ライト
850円(税抜)
かけ放題フル
1,800円(税抜)
なし
基本料金 通話プラン980円(税抜) データプラン380円(税抜)
容量 1GB/600円(税抜)
3GB/1,200円(税抜)
5GB/1,800円(税抜)
7GB/2,400円(税抜)
10GB/3,000円(税抜)

よく通話する方必見!お得な2つのかけ放題プラン

もしもシークスの最大の魅力といえば、2つのかけ放題プランです。1回の通話時間が5分以内で終わることが多いといった人には、かけ放題ライトがおすすめで、月額850円(税抜)で5分以内の通話なら何度でもかけ放題です。月額1,800円(税抜)で通話時間も回数も無制限なのが、かけ放題フルとなっています。ですが、不正利用防止を図るために、1日50回以上利用があった場合や連続して同一の相手と60分以上通話があった場合は利用を停止する場合があるとのことなので、注意しながら使用しないといけません。それでいうと無制限といえるのか、という疑問も出てきますが…。

それはさておき。まだまだお得な点があります。なんと、500MBのパケット付きなんです!あまり通信をしない人は、データ容量を追加する必要がなく、低価格で利用できます。ちなみにデータプランにも同様のものが付いています。

解約手数料・事務手数料について

多くのMVNOは初期費用が3,000円ですが、もしもシークスは5,000円と高めの料金設定です。解約手数料も、1年以内に解約した場合は10,000円(税抜)と、こちらも少々高めになっています。

サポートが充実

もしもシークスの代理店が格安スマホ業界の中で、NO.1の店舗数を誇ります。スマホやタブレットの設定から、もしもの時の修理サポートもしてくれて、大変助かります。

MVNOの中でも、数少ないiPhone取扱いMVNO!

大手キャリアではiPhoneを取り扱っているのは当たり前なのですが、MVNOでiPhoneを取り扱っているところはあまりありません。もしもシークスならiPhone SE/iPhone 6s/iPhone 6s Plus/iPhone 5sが購入できます。ただし、iPhone 5Sは中古となっています。しかし、iPhone SE/iPhone 6s/iPhone 6s Plusなら新品な上に、16GB/64GB/128GB(iPhone SEは128GBの取扱いなし)から選ぶことができます。カラーバリエーションも4色用意されています。

通信品質へのこだわり

docomo回線を使用しているので、通信の安定感はありそうです。また、もしもシークスでは通信品質の品質向上を掲げており、通信帯域の増加や技術力の向上など、積極的に取り組んでいるようです。ユーザーにとっては通信速度は重要な部分なので、大変ありがたい取り組みとなっています。